関西ニュースKANSAI

任意聴取求められた医師が自殺か 「1時間待ってほしい」と一時不明に

10/21 12:45

 堺市の病院で、警察から任意聴取を求められた医師が姿を消し、院内で血を流して死亡しているのが見つかりました。自殺とみられます。

 20日午後6時半ごろ、「大阪労災病院」の浴室で、30代の男性医師が首から血を流して倒れているのを兵庫県警の捜査員らが見つけ、死亡が確認されました。

 近くには手術用のメスが落ちていて、自殺とみられます。

 捜査員は、県の迷惑防止条例違反の疑いで任意で事情を聴くため、病院を訪れていました。

 医師は「準備をするから1時間ほど待ってほしい」と部屋を出た後、行方がわからなくなり、警察が院内を探していました。

 兵庫県警は「自殺する様子はなく、対応に問題はなかった」としています。

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる