関西ニュースKANSAI

「愚直に実行していく」 特別国会召集 関西の新人衆院議員も初登院

11/10 12:29

 特別国会の召集を受け、10月の衆議院選挙で当選した関西の新人議員も初登院し、抱負を語りました。

 10日午後1時から特別国会が始まるのを前に、近畿を中心に大きく躍進した維新の新人議員らが初登院しました。

 大阪10区で立憲・辻元清美さんらを破った池下卓議員は・・・。

 (維新・池下議員)「選挙で訴えたことをしっかりと言うだけではなくて、実行していくのが政治家としての役割だと思っているので、愚直にしっかりとメンバーと共に活動していきたい」。

 維新が国政に初挑戦した2012年以降、大阪2区で初めて議席を獲得した守島正議員は・・・。

 (維新・守島議員)「今の岸田政権下における政権運営に関しては、財政的な考えも懸念するところがたくさんあるので、改革という方向性をしっかりと押しつけていきたいなと思います」。

 この他、候補を立てた大阪の選挙区では全敗した自民。比例単独で初当選した柳本顕議員は・・・。

 (自民・柳本議員)「この場に立たせていただいて、喜びとか高揚感よりも、むしろ緊張感と責任感を持っています。大阪においては貴重な1議席となりますので、重い責任を感じて取り組んでいきたいと思います」。

 10日午後からの特別国会では、岸田総理が第101代の総理大臣に指名され、第2次岸田内閣が発足します。

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる