関西ニュースKANSAI

サイバー攻撃被害の町立病院が「身代金」拒否を決定 2億円かけ新システム構築へ 徳島・つるぎ町

11/26 12:47

 徳島県つるぎ町の町立病院が10月、コンピューターウイルスによる攻撃を受けた問題で、つるぎ町は犯人からの復元のための金銭要求に応じない方針を固めました。

 つるぎ町立半田病院は10月末、電子カルテのシステムが「ランサムウェア」と呼ばれるウイルスに感染し、「データを盗んで暗号化した。復元してほしければ連絡しろ」などと身代金を要求されました。

 約8万5000人分の電子カルテが閲覧不能となったほか、会計システムなどもダウンし、診療体制に大きな影響が出ていて、警察も捜査を始めています。

 また、今後の対応を検討していたつるぎ町は、身代金を支払わないことを決め、新しいシステムを構築する方針を固めました。

 費用は2億円程度かかるとみられ、年明けの復旧を目指すということです。

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる