関西ニュースKANSAI

自宅の井戸から白骨化した遺体 夫の死亡を届け出ず年金を不正受給した疑い 73歳の妻を逮捕 徳島・藍住町

12/02 17:45

 11月、徳島県で住宅の井戸から白骨化した遺体が見つかったことをめぐり、警察は、夫の死亡を届け出ずに年金を不正受給したとして、73歳の妻を逮捕しました。

 1日、逮捕された徳島県藍住町に住む山田民子容疑者(73)は、同居していた夫・啓夫さんが死亡したことを届け出ず、今年10月に啓夫さんの年金2ヵ月分、約15万円を不正に受け取った詐欺の疑いが持たれています。

 警察の調べに対し、容疑を認めているということです。

 警察によりますと、11月19日、山田容疑者の自宅の井戸から白骨化した遺体がみつかっていて、その後、DNA鑑定などで啓夫さんと判明しました。

 遺体は死後1年以上経っているとみられ、警察は、山田容疑者が遺体が井戸にあった経緯などを知っている可能性があるとみて、調べをすすめています。

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる