関西ニュースKANSAI

大阪・生野区の住宅で死亡の高齢男性 何者かに“鈍器のようなもの”で殴られたか 警察は殺人事件として捜査

12/03 14:18

 1日、大阪市生野区の住宅で80代の男性が死亡していた事件で、司法解剖の結果、男性は他殺で死因は失血死だったことがわかりました。

 1日朝、大阪市生野区生野東の住宅で、「高齢男性が頭から血を流して倒れている」と、この家を訪れた60代の知人男性から消防に通報がありました。

 消防が駆けつけると、この家に住む川崎勝哉さん(82)がベットの横で仰向けの状態で血を流して倒れていて、搬送先の病院で死亡が確認されました。

 2日に行われた司法解剖の結果、川崎さんが亡くなったのは1日の午前6時ごろとみられ、死因は失血死だったことがわかりました。

 頭と顔は粉砕骨折していて、警察は何者かに鈍器のようなもので殴られたとみられます。

 川崎さんは80代の妻と2人暮らしで、妻は「家は施錠していて荒らされた形跡もない。転倒したのではないか」などと話しているということです。

 警察は妻と、遺体を発見した知人男性に当時の状況を聞くとともに、殺人事件として捜査を進めています。

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる