関西ニュースKANSAI

和歌山・御坊市で震度5弱 市役所の窓ガラス割れる被害 1週間ほど大きな地震に注意

12/03 13:12

 3日午前9時半ごろ、和歌山県御坊市で最大震度5弱を観測する地震がありました。

 津波の心配はありませんが、御坊市の市役所では窓ガラスが割れる被害が確認されています。

【和歌山市】
 (カメラマンリポート)「地震がありました。電線が揺れています」。

【関西空港】
 (カメラマンリポート)「関空がゆれています。横揺れです」。

 午前9時28分ごろ、和歌山県北部を中心に強い揺れが発生しました。

 この地震で御坊市で震度5弱、田辺市や白浜町などで震度4を観測しました。

 最大震度5弱を観測した御坊市では、市役所で窓ガラス29枚が割れる被害が確認されました。

 けが人はいません。

 (御坊市防災対策課・大川秀樹さん)「直後に縦揺れがあって、そのあと強い横揺れがあったように思います」。

 県によりますと、今のところ地震による大きな被害の報告はないということです。

 気象庁では揺れの強かった地域では、地震発生から1週間程度、最大震度5弱程度の地震に注意するよう呼びかけています。

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる