関西ニュースKANSAI

吉村大阪府知事 病床使用率35%で「まん延防止」要請へ 14日時点で21.5%

01/14 18:59

 大阪府の吉村知事は、新型コロナウイルスの治療のために府が確保している病床、約3700床の使用率が「35%」に達した場合、まん延防止等重点措置を国に要請する考えを明らかにしました。


 (大阪府・吉村洋文知事)「(大阪モデルの)黄色信号と赤信号の中間点に達するような場合」「まん延防止等重点措置の要請をすべきだと思っています」。

 大阪府内の病床使用率は14日現在、21.5%となっています。

 まん延防止措置の要請は、府の対策本部会議で正式に決める方針で、もし措置が適用された場合、吉村知事は府内全域の飲食店に対し時短営業などを呼びかけたいとしています。

 近畿と徳島では、14日、新たに5038人の感染が確認されていて、大阪は2826人と過去3番目の多さに。

 京都と和歌山では過去最多の人数となりました。

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる