関西ニュースKANSAI

歩きやすい街へ 人が歩くスピードで走行「モビリティ」の実証実験 神戸市

02/02 12:48

 人間が歩くぐらいのスピードで動く「モビリティ」と呼ばれる、新たな移動手段を使った街づくりの実証実験が、神戸市で始まりました。

 (北浦啓記者リポート)「人が歩くぐらいのスピードで走るモビリティの実証実験が始まりました。このようにオフィスで働く人などが、気軽に利用することを想定しています」。

 神戸・三宮の中心部で始まったのは、自動で走るモビリティ「iino(イイノ)」の試験走行です。

 関西電力の社内ベンチャーが開発しました。

 神戸市は、「歩きやすい街づくり」に向けた再整備を進めていて、歩行者が利用できる新たな移動手段の導入を検討しています。

 (担当者)「今回走らせるようなモビリティがたくさん走ることで、疲れず(街を)楽しめる」。

 実証実験は、2種類のモビリティを使って、三宮と元町をつなぐエリアなどで実施されます。

 2月11日まで、歩道上で歩行者の妨げにならないかなどを確認します。

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる