関西ニュースKANSAI

ドラレコのSDカード道路脇から発見 大阪・堺市の“あおり運転”殺人事件 証拠隠滅図ったか

04/05 14:33

 大阪府堺市で、あおり運転の末にバイクの男性を殺害したとして逮捕された男が、事故直後にドライブレコーダーのSDカードを捨てて証拠隠滅を図ったとみられることがわかりました。

 自称介護士の川島陸容疑者(27)は3月、堺市南区の府道で乗用車を運転中に、会社員の北島明日翔さん(28)が運転するバイクの前に衝突し、北島さんを殺害した疑いが持たれています。

 事故の後、川島容疑者の車のドライブレコーダーに記録媒体が入っていなかったことから、警察が近くを捜したところ、道路脇の植え込みからSDカードが見つかりました。

 SDカードには、川島容疑者が事故の前、北島さんのバイクに対し、あおり運転を繰り返す様子が映っていたということです。

 川島容疑者は逮捕された際、「SDカードは元々入っていなかった」と話していて、警察は、川島容疑者が証拠隠滅をはかったとみて捜査しています。

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる