関西ニュースKANSAI

都市部を離れ自然の中で仕事 梅農家の収穫手伝う「ワーケーション」 和歌山・みなべ町

06/04 18:21

 観光地などで、休暇を楽しみながら仕事もする「ワーケーション」の一環として、参加者が和歌山県で梅の収穫を手伝いました。

 梅の生産量日本一を誇る、みなべ町で始まった「梅収穫ワーケーション」には、関東などから集まった18人が参加し、農家の指導のもと、梅の実を丁寧につみ取っていきました。

 和歌山県は、都市部を離れ自然の中で仕事をしてもらおうと、「ワーケーション」の誘致に力を入れていて、6月末までに125人ほどがみなべ町を訪れる予定です。

 参加者は収穫を楽しんだ後、テレワークで各自の本来の仕事に取り組みました。

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる