関西ニュースKANSAI

公明 「大阪都構想」の住民投票容認へ

05/11 12:40

大阪市を廃止し、4つの特別区に分割する「大阪都構想」の住民投票について、公明党大阪府本部が容認する方針を固めました。

公明党大阪府本部は、先月の統一地方選挙で「都構想」を掲げた大阪維新の会が躍進した民意を受け、住民投票の実施について認める方針を固めました。11日の会議で正式に決定し、午後にも表明する予定で、これにより4年以内に2度目の住民投票が実施される見通しとなります。一方、維新は住民投票への協力だけではなく、公明が一貫して反対している「都構想」自体に賛成するよう求めていて、公明の態度次第では衆院選で公明の現職がいる選挙区で対抗馬を立てる構えを見せています。公明は今後、「都構想」自体の賛否についても改めて検討する方針です。

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる