関西ニュースKANSAI

大阪市の待機児童数が最少の29人に “ゼロ”を目指すも達成ならず

05/16 19:07

大阪市の待機児童数が29人になりました。ゼロにはならなかったものの、統計を取り始めてから最も少ない人数です。

大阪市の松井市長は、今年4月1日時点の待機児童数が29人だったと発表しました。市は昨年度、保育所の入所枠を約1900人分増やすなどの対策を実施。目標のゼロにはなりませんでしたが、市が統計を取り始めてから最も少なくなったということです。松井市長は「29人まで減ってきているということですから、吉村前市長と担当部局が努力した成果だと思っています」と話しています。一番の課題は保育士の確保で、松井市長は引き続き対策を取る考えを示しました。

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる