関西ニュースKANSAI

維新と公明が都構想で大筋合意 23日にも共同会見へ

05/19 21:15

「大阪都構想」への対応について、維新と公明が大筋で合意し、23日にも共同会見が開かれる見通しとなりました。

「大阪都構想」をめぐっては、先月の知事・市長ダブル選で維新が勝利したあと、公明が、民意を受けて再検討する考えを表明。大勝を収めた維新は公明に対し、住民投票だけでなく、都構想そのものにも賛成するよう迫っていました。関係者によりますと19日午後、維新の松井代表や公明の佐藤府本部代表など、幹部らが大阪市内で会談しました。維新側は、1年後をメドに都構想の制度案を取りまとめられるよう協力を要請。公明側は維新の要請に応じる姿勢で、「大阪市を廃止し、特別区を設置する」という都構想の大枠の考え方をベースに、議論を進めていくことを了承したということです。また、維新と公明は23日にも共同記者会見を開き、住民投票の実現に向けて今後、前向きに議論を進めることを表明するとみられます。

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる