関西ニュースKANSAI

生保の客の金を不正に預かっていた大阪府議 大阪維新の会離党

10/16 20:03

民間会社での勤務時代に客をだまし、金を不正に預かっていた富田武彦大阪府議が、大阪維新の会を離党したことがわかりました。

富田府議は、議員と生命保険会社の社員を兼業していたころに、実在しない社内預金の名目で客2人から不正に360万円を預かったとして問題になっていました。この問題を受け、富田府議は、所属していた大阪維新の会に「一身上の都合」として離党届を提出し、16日付で受理されたということです。問題発覚当時、富田府議は「現金を受けとったのは議員になる前だ」と主張し、議員辞職も離党も否定していました。大阪維新の会の幹部は富田府議の離党について「処分は検討したが、本人の意思を尊重すると決めた」としています。富田議員は議員辞職はしていません。

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる