関西ニュースKANSAI

関空にドローンか 滑走路の使用を一時停止

10/20 15:11

19日夜、関西空港周辺の上空で、ドローンのような飛行物体が確認され、約40分にわたり、全ての滑走路で離着陸が停止されました。

国土交通省などによりますと、19日、午後8時半過ぎ、関西空港に着陸しようとしていた飛行機のパイロットから「ドローンらしき飛行物体2機が見えた」と報告がありました。関空は安全確認のため、午後8時45分から全ての滑走路で離着陸を見合わせました。結局、ドローンは見つからず、約40分後に滑走路の運用が再開されましたが、合わせて39便に遅れが出た他、2便が目的地を変更しました。関空では、周辺のドローン飛行が禁止されています。

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる