関西ニュースKANSAI

アルバイトなく生活に苦しむ学生に食材提供 龍谷大の取り組みに「ピーチ」も支援

06/02 12:23

新型コロナウイルスの影響で、生活に苦しむ学生に食材提供の取り組みを続ける京都の大学で、民間企業からも支援の輪が広がっています。

京都市伏見区の龍谷大学は週に2回、肉や野菜など5日分相当の食材を1000円という格安価格で学生に提供する取り組みを行っています。2日は、この取り組みに賛同した航空会社「ピーチ・アビエーション」が、欠航が続き機内で販売できなかった「冷凍たこ焼き」750食を無償で提供しました。学生らは「バイトもなくてずっと家にいるので助かるなと」「1000円で、いっぱいもらいました。自分の生活費にもお金を回せるので感謝でいっぱいです」などと話していました。さらなる学生支援のため、龍谷大学では、これまで職員がボランティアで行っていた食材の配布作業を、2日からは学生アルバイトに切り替えて、雇用の創出に繋げていくということです。

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる