関西ニュースKANSAI

京大・本庶佑特別教授が小野薬品工業に200億円以上支払い求め提訴へ がん治療薬「オプジーボ」特許使用料めぐり

06/05 19:08

がん治療薬の特許使用料をめぐり、京都大学の本庶佑特別教授が小野薬品工業に200億円以上の支払いを求め提訴することを明らかにしました。

がん治療薬「オプジーボ」の研究で、ノーベル生理学・医学賞を受賞した本庶佑特別教授は、類似薬を製造するアメリカの製薬会社「メルク」に対する特許侵害の訴訟をめぐり、小野薬品が受け取った特許使用料の一部226億円あまりを支払うよう、小野薬品に求めています。小野薬品が得る金額の40%を訴訟への協力金として支払うと説明を受けていましたが、後になって1%を配分するという通知がきたということです。本庶教授は「アカデミアの成果を社会がきちっと評価していただくことが必要である」と話しました。本庶教授は、今月中旬にも提訴するとしています。

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる