関西ニュースKANSAI

新型コロナウイルス感染拡大備え重症感染者専用治療拠点「大阪コロナ重症センター」11月ごろ一部運用開始目指す

07/01 20:45

大阪府の吉村知事は新型コロナウイルスの感染拡大に備え、重症の感染者専用の治療拠点を整備すると発表しました。

「大阪コロナ重症センター」は約60の入院ベッド全てに人工呼吸器を兼ね備えた治療拠点です。2年間の期限を設けた臨時の施設で、感染者が爆発的に増えたときに医師や看護師を派遣して稼働する想定で、感染が落ち着いている間は医療関係者が研修などをおこなう施設として活用するとしています。府は9月に工事を始め、11月ごろには一部運用開始を目指しています。

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる