関西ニュースKANSAI

平和の祈り、近畿でも 広島「原爆の日」大阪市立の小学校で黙祷

08/06 12:26

広島に原爆が投下されて、きょう6日で75年です。大阪市の小学校では、児童らが犠牲者に黙祷しました。

「黙祷」。広島に原爆が落とされた午前8時15分、大阪市港区にある市立磯路小学校では、小学6年生の児童38人が黙祷しました。その後、児童らは校長先生の話などを通じて当時の様子や、平和と命の大切さについて学びました。児童は「1個の爆弾で何十万人もの人が亡くなって、すごく怖いと思いました」「戦争がなくてみんな幸せに生きられる世界」「もう二度と戦争が起こらないようにと(思いました)」などと話していました。

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる