関西ニュースKANSAI

【特集】戦後75年 戦中・戦後の大阪を描き続けた84歳イラストレーター コロナ禍のいま、伝えたいメッセージ

08/24 12:16

空中で衝突する戦闘機。しばらく家族に会えないことも知らず、列車に乗って笑顔で疎開先に向かう子どもたち・・・。テレビ番組などに登場する似顔絵でもおなじみ、関西を中心に長年活動を続けるイラストレーターの成瀬國晴さんは、戦時中から終戦後の記憶を辿りながら絵を描き続けてきました。その数、およそ130点。戦後75年のいま、そしてコロナ禍のいま、絵を通して伝えたいメッセージがありました。 

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる