関西ニュースKANSAI

「神戸ワイン」の原料のブドウの収穫がピーク

09/05 12:20

「神戸ワイン」の原料となる、ブドウの収穫が最盛期を迎えています。

太陽のもと、つやと張りのある実をつけるブドウ。収穫されているのは、赤ワイン用の品種「メルロ」や、白ワイン用の「シャルドネ」などです。今年は梅雨の長雨の影響が心配されましたが、先月から晴れの日が続いたことで、例年より糖度が高く、酸味や、うま味のバランスの良いブドウが実ったということです。その一粒一粒から作られる神戸ワイン。口に含むと、甘みと酸味が溶け合う絶妙な味わいが楽しめます。原料のブドウの収穫は今月末まで続き、来月下旬には新酒が販売されるということです。

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる