関西ニュースKANSAI

“救急の日”に大規模災害想定した合同ヘリ訓練 海上保安庁・大学病院・消防が参加

09/09 19:18

きょう9月9日は「救急の日」です。海上保安庁と大学病院、消防が協力して、大規模な災害を想定した訓練を行いました。

訓練は、南海トラフ地震が起こり、和歌山県沖でけがをした2人を搬送するという想定で行われました。救助した人を乗せた第五管区海上保安本部のヘリコプターが大阪大学のグラウンドに着陸すると、待っていたドクターカーと救急車に素早く患者を乗せます。症状などを伝えられ、引き継いだドクターカーは、阪大病院の高度救命救急センターに向かいました。「津波とかありましたら、臨海部の医療機関が使えなくなる可能性があります」「被害が少ないと思われるところに直接運び込むという取り組みが大事かと」。第五管区海上保安本部は「今後も受け入れ可能な病院などと連携していきたい」としています。

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる