関西ニュースKANSAI

「地方の時代」映像祭開幕 市民や高校生らが制作したドキュメンタリー作品が選ばれる

11/14 18:19

「地方から国のあり方を問う」をテーマにした映像祭が関西大学で始まり、初日の14日は入賞作品の贈賞式が行われました。

今年で40回目となる「地方の時代」映像祭には、全国から260作品の応募があり、その中から入賞に選ばれた34作品が表彰されました。テレビ局だけでなく市民や高校生らが制作したドキュメンタリー作品が選ばれています。中には、新型コロナの影響で部活動ができなくなった高校生が目標達成まで挑戦する姿を追いながら「人のつながり」の大切さを描いた作品もあります。受賞作品は15日~20日までの6日間、関西大学千里山キャンパスで上映されます。

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる