関西ニュースKANSAI

立命館大 人工知能で教材開発する企業と入学試験のあり方などについて共同研究

12/22 20:46

立命館大学が、人工知能を使った教材を開発する企業と、新たな入学試験のあり方などについて共同で研究する協定を結びました。

立命館大学と、教材開発会社「アタマプラス」はAIや学習データを活用した新しい大学入試のあり方の研究を来年1月から開始します。アタマプラスは、AI=人工知能で、生徒ごとの習熟度に合わせて学習を進める教育システムを提供していて、全国の塾や予備校に導入されています。今回の共同研究では、普段の学校での成績を大学入試の合否判定に反映する仕組みを検討します。またインターネットで試験が受けられる「オンライン入試」について、研究を進めるということです。

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる