関西ニュースKANSAI

「緊急事態宣言」初日 各地の人出は 関西3府県は減少わずか

01/15 12:53

関西3府県でも緊急事態宣言の期間が始まった14日、各地の人出は1週間前と比べてわずかな減少にとどまっていたことがわかりました。

ソフトバンクの子会社「アグープ」によりますと、14日の梅田駅周辺の人出は1週間前と比べて10.5%減り、なんば駅周辺で9.4%の減少でした。また三ノ宮駅周辺で4.0%減、河原町駅周辺では10.7%減と、どの地点も減少幅は小さなものにとどまりました。ミナミの歩行者は「まだやっぱり人は多いような気がしますね。最初の緊急事態宣言の時より、やっぱりみんな慣れてきたというか」「ランチもリスクは一緒なんであんまり(時短要請の)効果は出なさそうな気がしますね」と話しました。3府県では、都市部だけでなく全域で不要不急の外出自粛が呼びかけられ、飲食店には午後8時までの時短営業が要請されています。

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる