関西ニュースKANSAI

緊急事態宣言から2週間 関西3府県の人出が宣言前より増加のところも

01/28 12:23

緊急事態宣言の期間に入り2週間が経った関西3府県での期間中の人出は、その前の2週間と比べて一部で増加に転じていることがわかりました。

ソフトバンクの子会社「アグープ」によりますと、緊急事態宣言期間に入った今月14日から27日までの2週間について、JR大阪駅周辺の人出の一日あたりの平均は、宣言前2週間の平均と比べると約5%ほど増えていたことがわかりました。大阪の街の人たちは「春に比べたら全然減っているという感覚はないですね」「感染者数は減ってるなと思いますが、死者数は増えているので、どちらも減らないと(宣言解除は)難しいかなと思います」などと話していました。同様の比較でJR京都駅周辺の人出は約8%の減少で、JR三ノ宮駅周辺では約3%の減少にとどまっています。

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる