関西ニュースKANSAI

「大阪の未来に希望が持てるパビリオン」大阪府市と経済団体が連携組織を立ち上げ

02/16 20:10

大阪・関西万博に出展する地元パビリオンの成功に向け、大阪府と大阪市は関西の経済団体との連携を強化していくための推進委員会を立ち上げました。

16日に設置されたのは「大阪パビリオン推進委員会」です。府市は2025年の大阪・関西万博で大阪の食や健康医療をテーマにした地元パビリオン「大阪館」の出展を目指しています。委員会は、地元の経済団体との連携を強化し、大阪の中小企業の参加を促すことが狙いです。さらに、大阪大学医学研究科の森下竜一教授を総合プロデューサーに選任し、展示内容を統括することが決まりました。(推進委員会会長・吉村大阪府知事)「新しい価値観が生まれるような、大阪なので楽しくわくわくするような、とんがったパビリオンを自由な発想でやってもらいたい。大阪の未来に希望が持てるようなパビリオンをぜひ作ってもらいたい」。

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる