関西ニュースKANSAI

架空の投資話もちかける 詐欺グループ首謀者の男逮捕 グループの口座には4億7000万円入金

02/23 19:04

架空の投資話をもちかけ現金約130万円をだまし取ったとして、詐欺グループの首謀者の男(28)が逮捕・送検されました。

詐欺の疑いで逮捕・送検されたのは、米元志郎容疑者(28)です。米元容疑者は去年4月、岐阜県の男性(30代)に「何もしなくても金が増えていく」などとうその投資話をもちかけ、現金約130万円をだまし取った疑いがもたれています。警察は、グループの口座に4億7000万円の入金があったことを確認していて、被害者は約700人にのぼります。この事件をめぐっては、実行役だった庭瀬翔太被告(28)ら5人がすでに逮捕・起訴されていますが、警察は米元容疑者が庭瀬被告らを使った詐欺を計画した首謀者とみています。警察は他にも米元容疑者と庭瀬被告をつなぐ複数の人物がこの計画に関与しているとみて、捜査しています。

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる