関西ニュースKANSAI

緊急事態宣言の解除後 大阪府は午後9時までの時短要請

02/27 00:52

大阪府は、緊急事態宣言の解除後も大阪市内の飲食店を対象に午後9時までの時短要請を続けることを決めました。

大阪府は26日夜、今月末で緊急事態宣言の解除が決まったことを受け、新型コロナウイルスの対策本部会議を開きました。飲食店に対する時短営業の要請を、大阪市内の飲食店に絞り来月1日から3週間延長することを決めました。酒類の提供は午後8時半までで、営業は午後9時までとします。協力した店舗には、家賃の金額に応じた上乗せ分も含め、1日あたり最大で7万円の協力金を支給します。府民には不要不急の外出自粛を引き続き呼びかけ、会食をする場合は4人以下、会話はマスク着用でするよう求めていきます。自営業の男性は「もう解除してもいいん違います?」とし、飲食業の女性は「緊急事態宣言解除するならお店も時短解除してほしい」と訴えました。一方、アルバイトの女性は「ワクチンが出るまでは緊急事態宣言は出した方が良いと思う」と話しました。

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる