8月5日(日)より熱戦が始まる「第100回全国高校野球選手権記念大会」。高校野球の歴史的な節目となる100回目の記念大会の開幕日からちょうど100日前にあたる4月27日、“2018 ABC夏の高校野球応援ソング/「熱闘甲子園」テーマソング”が解禁された。注目の楽曲は、嵐が歌う「夏疾風(なつはやて)」。作詞・作曲を手がけたのは、ゆずの北川悠仁。

タイトルの「夏疾風」とは、日本に古くから伝わる“夏らしくまぶしく吹き抜ける風”を表す言葉で、夏にかける球児たちの想いや、一瞬のきらめきを凝縮したような、さわやかで力強い曲となっている。高校野球のために書き下ろされ、歴史を重ねた大会を鮮やかに彩ります。

甲子園球場のグラウンドに登場した嵐・・・。
実は毎年、夏の高校野球の期間中に一日は甲子園球場に足を運び、いちファンとして観戦しているという相葉は「去年を思い出しますね。ここで生で見ていたんです!」と試合の感動を思い出しては感無量の様子。「北川さんらしいさわやかな感じあり、すごく力強い楽曲で、前向きな歌。選手のみなさんの背中を押す一曲になってくれたらと思いながら歌わせていただきました」と曲に込めた思いを明かした。

そんな相葉は「高校野球にかかわらせていただけることがうれしい。たくさんの汗と涙といろんなものが染み込んだ甲子園球場。選手のみなさんは命をかけて戦うので、僕も命をかけて応援したいと思います」と熱い意気込みを。櫻井は「相葉くんは毎年、本当にずっとテレビで高校野球を見ている。本当に高校野球が大好きなんです。100回記念大会に嵐のメンバーがかかわらせてもらって、テーマソングまで歌わせていただくのは本当に光栄です」と喜びを語った。

また、高校野球の魅力について、二宮は「流れが変わった瞬間が目に見えるところ」と話し、「どんな天才選手がいようと、両校に力量の差があろうと、一気に試合が展開していく瞬間がある」と毎年展開される予測できないドラマのドキドキ感を力説。櫻井は「出場校のドラマを知ると胸がいっぱいになる。それぞれのドラマがいっぱい詰まった大会なんだなと実感する」と明かした。

100回を重ねる大会の長い歴史の中で、昔も今も変わらない球児の情熱や彼らを支える人々、そして高校野球を愛するすべての人たちを嵐が全力で応援するパワーチューン「夏疾風」にご期待ください!

嵐が2018ABC
夏の高校野球応援ング/「熱闘甲子園ング
が完成!

COMMENT

嵐 会見コメント

「夏疾風」の印象や、曲を通して伝えたいメッセージは?

相葉高校野球の想いにすごく当てはまる歌詞がたくさんあるので、選手のみなさんはもちろん、高校野球が好きな方の心にも刺さってくれるような一曲になればと思います。

大野甲子園に来られること自体が特別なこと。僕のように野球にあまりくわしくない者がグラウンドに立っていいのかと(笑)。でも、今年はテーマソングを歌わせていただいていることですし、僕なりの応援ができればと思っています。

櫻井去年の大会の名場面と一緒に流していただくと、たくさんの感動のシーンがよりドラマチックに感じられて、本当にいい曲をいただいたと思います。

二宮今年の大会で起こるドラマはずっと消えない。将来、みんなが集まったときにもこれを聞けばこの夏の思い出が蘇るような曲になればいいなと思います。

松本100回を重ねても、その年の高校野球は一度きりです。球児のみなさんをはじめ、応援している家族のみなさんや学校のみなさんを勇気づける曲になればと願っています。

みなさんから高校球児に向けてエールをお願いします。

相葉僕はこの球場で、一番近くで応援します。選手のみなさんは全力を尽くして、悔いのないようにがんばっていただければと思います!

大野勝敗も大事ですけど、一生忘れられない熱いプレーをしていただきたいですね。去年の映像を見ただけでも鳥肌立つほど感動するので、僕も今年は見て応援したいですね。

櫻井僕も10年ぐらい前に母校が夏の高校野球で甲子園に出場したときに、ここで観戦しました。サッカーは国立競技場、ラグビーは花園、野球は甲子園というように聖地がある。甲子園で聖地の存在感に圧倒されました。選手のみなさんは大変な思いをしてここまでたどり着くと思うので、全力を出し切ってもらいたいなと思います。

二宮勝ち負けというよりも、ここで試合をすることが、本当にいい思い出になるように。今まさに地方大会で甲子園出場を目指していらっしゃるみなさんも、ケガのないようにがんばっていただきたいですね。みなさんの活躍を見守っています。

松本まず、甲子園に来て試合ができる学校自体が少ないし、高校3年間かけてがんばった成果がここで現れると思うので、とにかく楽しんで、悔いのない夏を過ごしてください。がんばってください!