所&林修のポツンと一軒家

2018527日(日) 午後7:588:54放送!
201863日(日) 午後6:307:58放送!

MC
所ジョージ
パネラー
林修
ゲスト
光石研
相武紗季
ナレーション
キートン山田
小山茉美
MENU

みどころ

注目を集めている『ポツンと一軒家』が、5月27日、6月3日の2週続けてゴールデンタイムでの放送が決定!

日本各地の人里離れた場所に、なぜだかポツンと存在する一軒家。そこには、どんな人物が、どんな理由で暮らしているのか!?衛星写真だけを手がかりに、その地へと赴き、地元の方々からの情報を元に、一軒家の実態を徹底調査しながら、人里離れた場所にいる人物の人生にも迫っていく人気特番!

1枚の衛星写真から、どのような人がどんな暮らしをしているのかに思いを巡らせるのは、MCの所ジョージと、常々「田舎には絶対に住めない」と話すパネラーの林修。日本各地にあるポツンと建つ一軒家の捜索道中で出会った地元の人々との温かな交流、そして一軒家で暮らす人々の生活ぶりから見えてきた深みある人生ドラマもまた必見だ!

岡山県にあるポツンと一軒家

岡山県の内陸部、山の奥で見つかったポツンと一軒家は、衛星写真で見るとかなり広大な敷地面積だ。林修も「まるで巨大な要塞のようですね。敷地面積は過去最大級じゃないでしょうか」と驚くほどの広い敷地。果たして山奥の広大な敷地には、どんな人が暮らしているのだろうか?

現地で一軒家を探す捜索隊スタッフが、近くの集落を訪れるとそこはすでにかなりの山の上だ。ポツンと一軒家を目指す道中、家の軒先で話をしている高齢の女性二人に聞き込みをしてみると「この先は行き止まり」と道がないことを告げられる。やむを得ず北路を戻り、そこで出会った狩猟歴40年以上のベテラン猟師に話を聞くと、住んでいる人まで知っており、家への行き方も詳しく教えてくれることに!

その途中、「まぼろしのつり堀」と書かれた看板を発見した捜索隊。立ち寄ってみると、そこでは琵琶湖の固有種で、高級食材としても知られるあの魚が!まさに“まぼろしのつり堀”だった。

目指す一軒家は峻険な山道を登った先もあった。そこには、実に立派な古民家が…。果たして、この広大な土地で暮らしていたのどんな人物なのか?

山口県にあるポツンと一軒家

山口県の深い山の中にあるポツンと一軒家は近くに沢が流れているよう。ゲストの光石研は「山口といえば焼き物も有名なので、陶芸家とか?」と推察するが…。

捜索隊は一面に田畑が広がる最寄りの集落から聞き込みを開始。すると、衛星写真を見た地元の男性から「この家は同級生の家やけど、今は誰も住んでいない」といきなり出鼻をくじかれてしまう。しかし、その男性は「テレビの取材で行くなら、いいところがあるよ!」と道案内を買って出てくれ、別のポツン一軒家まで同行してくれることに!

その家にも男性の同級生が夫婦で暮らしているという。この展開に林は思わず「ん?地元の方の同級生に会いに行く番組でしたっけ?」とスタジオからツッコミを入れてしまう。

その同級生も今は別の家で暮らしていることが判明し、さらに別の一軒家へと向かうことになった捜索隊。そこは田んぼに木がたくさん植えられた不思議な風景が広がる森の中。その地で、捜索隊は思いがけない人生ドラマと出会うことになるのだが…。

今回のポツンと一軒家と、そこで暮らす男性の人生ドラマに、林は「珍しく胸を打たれましたね」と感動したようす。ゲストの相武紗季も「見ていて気持ちが浄化されますね。人のために何かしたくなりました」と感じ得ることが多くあったようだった。