所&林修のポツンと一軒家

201863日(日) 午後6:307:58放送! 

イメージ写真
MC
所ジョージ
パネラー
林修
ゲスト
中村芝翫
関根麻里
ナレーション
キートン山田
小山茉美
MENU

みどころ

日本各地の人里離れた場所に、なぜだかポツンと存在する一軒家。そこには、どんな人物が、どんな理由で暮らしているのか!?衛星写真だけを手がかりに、地元の方々からの情報を元に、一軒家の実態を徹底調査しながら、人里離れた場所にいる人物の人生にも迫っていく人気特番が先週に引き続き放送!

1枚の衛星写真から、どのような人がどんな暮らしをしているのかに思いを巡らせるのは、MCの所ジョージと、常々「田舎には絶対に住めない」と話すパネラーの林修。しかし、番組の捜索隊スタッフが現地を訪れる度に、地元の人たちから「番組を観ていますよ!」、「そろそろ来る頃だと思っていた(笑)」などの反響が多いことから、林も「待っていらっしゃる方がたくさんいることもわかりましたね」と手応えも感じているよう。

ゲストの中村芝翫は「ポツンと一軒家には、絶対に住めないですね。本来は自然の中で暮らすことが当たり前のことなのでしょうが、夜は静かすぎて溶けてしまいそうです」と。一方の関根麻里は「家族がいたら楽しいかも!でも、父(関根勤)が孫に会えないと悲しむでしょうね。今も週9回は我が家に来ていますから(笑)」と、それぞれにポツンと一軒家についての印象を語る。

鹿児島県にあるポツンと一軒家

鹿児島県は大隅半島のほぼ中央部の山の真っ直中にある一軒家。衛星写真で見ると、複雑な屋根の形が印象的な一軒家だ。捜索隊スタッフは、近くの集落から一軒家のリサーチを開始。町内の公民館では寄り合いが行われており、そこで話を聞こうとすると、「ご飯食べていき!」と食事をごちそうになることに。しかも、そこにいた女性によると「一軒家に心当たりがあるから」と家まで案内してくれることに!

集落から森に入って3分ほど、案内してもらった家を発見するが、そこは衛星写真の家

とは違う一軒家。すると、「もっと奥に一軒家があるよ!」と、さらに森の奥に家があるのだという。しかし、その道中は地元の人でさえ「油断するとタイヤが外れるよ!」と心配するほどの険しい山道のさらに先にあるという。

森の中で発見した目当ての一軒家は、今では誰も住んでいない廃屋だったが、10年前まで住んでいたという85歳の女性に話を聞くことに成功する。「結婚してから50年以上暮らした家で、家にはもう10年も帰っていない」と懐かしむ女性。「最近もあの家の夢ばかり見る」ということで、捜索隊はその女性とともに、廃屋となった一軒家へと再訪するのだったが…。所ジョージも「ドラマチックな展開でしたね」と思わず感動した、その女性の言葉とは!

岡山県、瀬戸内海に浮かぶ島にあるポツンと一軒家

岡山県、瀬戸内海にあるポツンとある島の南岸で発見したポツンと一軒家。衛星写真で確認すると、島の海岸沿いに建ち家らしき建物のまえには桟橋もある。捜索隊は対岸にある岡山県の浜辺の港町から捜索を開始する。地元の人に島について話を聞いてみると、すぐに通称・くじら島であることが判明。しかも渡船の船長まで紹介してもらい、早速、船でくじら島へ向かうことに。

しかし、その一軒家は、改装中の建物であり立入禁止であることが発覚。捜索隊は島への上陸をあきらめ、地元の人に別のポツンと一軒家がないかを聞いてみることに。すると、「ひと家族だけが暮らしている小与島があります」という有力情報が!

小与島とは、岡山県と四国を結ぶ瀬戸大橋の橋脚のある与島の隣にある小さな島だという。瀬戸大橋建設時に、小与島をレジャーランドの島にしようという計画が立ち上がり、巨大なリゾートホテルを建てたものの、現在は営業していない。

早速、小与島へと向かうが、沿岸には多くの船が停泊しており、島には家も何軒か建っているようだ。捜索隊も「ひと家族だけが暮らしているようには見えない」と疑心暗鬼になりつつ小与島へと上陸する。そこにはたった一軒だけで住んでいるのに楽しく暮らすご夫婦が!

埼玉県にあるアンテナらしきものがたくさん建つポツンと一軒家

埼玉県の山間部にアンテナのようなものがたくさん建っている横に一軒家らしき建物を発見。所は「完全にアンテナですね。宇宙と交信している変な人では?」と推理を働かせるのだが…。

最寄りの集落でアンテナがたくさんある建物について聞き込みをすると、山の中なのに防犯カメラがついているなど、警備が厳重で簡単には近づけないことが判明。ならばと、捜索隊は隣の山へと登り、山向こうからアンテナの建物を確認することに。30分ほど崖のような険しい山道を登りきると、向う側に確かに建物があることが確認できた。

下山後、「知り合いの家です」という地元の住人と出会うことに成功する!しかし、「一般の人が持っていないような怪しいものをたくさん置いている」、「隠れ家的に使っているよう」という情報に謎は深まるばかり。果たして、巨大なアンテナが複数ある建物にいる人物とは一体?