• 番組情報
  • 頂上への道のり
  • M-1の歴史

M-1 >> 記者会見 >> 12月26日

記者会見 記者会見レポート

2010年12月26日

10年目にしてラストイヤーとなったM-1最後のグランプリに輝いたのは笑い飯!
念願の“M-1初優勝”に「やっとやー!!」と絶叫!

「M-1ラストイヤー」の今大会、まずはカナリア、ジャルジャル、スリムクラブ、銀シャリが笑いを獲り、中でも異彩を放ったのがスリムクラブで、暫定で1位に座る。しかし、直後の笑い飯が雰囲気を一変させた。昨年の伝説となった「鳥人」を彷彿とさせるネタで、スリムクラブを引き離して1位へ。その後、3位が僅差で入れ替わり、上位3組に名を連ねたのが笑い飯、スリムクラブ、ピース。しかし、敗者復活から上がったパンクブーブーは、笑い飯と全くの同点数を獲得し、更に同点の際の順位決定ルール(高得点を獲得した審査員の数が多いほうが上位)で、1位通過を決めた。

島田紳助はこの時点で「現段階ではパンクブーブーがズバ抜けて1番。笑い飯は素晴らしかったけど100点をつけた昨年より3点低い。ただ、審査員は全員、スリムクラブを見極めたいと思っています」とここまでを総括。

最終決戦は、スリムクラブ、笑い飯、パンクブーブーの順番で行われた。三者三様の爆笑を誘い、島田紳助が「これは同点があるかも…」と言うほどの展開に。そして、7人中4票を獲得した笑い飯が、念願のグランプリに輝いた!西田は「やっと、やっとやー!!」と涙目になりながら絶叫。哲夫も「2本目にチンポジのネタをしなくて良かった」と感激を爆発させた。

終了後の会見では、紳助が「笑い飯の実力は充分!これまでに(笑い飯は)3回は優勝していたはず。だけど、彼らは最終決戦で必ずネタのクオリティーが落ちる。今回もまたやりよった、と。最終決戦で1本目のネタをしていれば、満票で優勝のハズやった」と苦言混じりながらも、最高級の賛辞を贈った。
また、M-1グランプリについては「出場して演じてくれた人たちが(審査に)納得して終われる漫才のグランプリをしたかった。(M-1のように)審査員の点数を皆さんに公表するというのは、審査員も審査されているということ。出場者も審査員も緊張感を持って10年間取り組めたのは良かった。ただ、1つの現象を起こしたら10年で盛り下がる部分が出てくるので、M-1はいったん終わりますけど、…でも、(こういったイベントは)なくしたらアカンな、とつくづく思いました」と語った。

笑い飯は「長いこと国民の皆様をお待たせしてすみませんでした。ごっさうれしいです!」(哲夫)「M-1があったから漫才をやってこれた。きょうは、スリムクラブが怖くて怖くて…、冷や冷やしましたが、やっと獲れました」
賞金1000万円については「“M-1で優勝したらおごる”と、この9年で言いまくってきたので、(1000万円をもらっても)どう考えても赤字。でも、9年分の約束を、大祝賀会で使いたい」(西田)と語った。また「来年はM-1をライブイベントとして笑い飯主催で復活させたい」(哲夫)とも語った。「有終の美」を飾るにふさわしい彼らの活躍が、今後の漫才界に大きな足跡を残すことは間違いない。

このページのトップへ

M-1 GRANDPRIX 2010 © ABC All Rights Reserved.