第41回ABCお笑いグランプリ

7月12日(日) 午後2時25分~

第41回ABCお笑いグランプリ優勝
コウテイ
  • 決勝戦を配信中!
  • MC霜降り明星~最速!最深!新王者を徹底解剖~
  • 決勝当日のスケジュール

ABEMA賞とは?

「一番インパクトを受けた芸人」にABEMA賞を贈呈! 選ぶのは全国のあなた!

放送中、ファーストラウンドそれぞれのネタ終了ごとに、ABEMA限定で視聴者投票を実施。
最もインパクトを与えた受賞者には【ABEMA冠特番出演権】が贈呈されます。
あなたの一票で初代ABEMA賞が決まる!

第41回ABCお笑いグランプリ王者
コウテイのインタビュー!

2年連続の決勝戦進出で初めてファイナルステージに勝ち進みチャンピオンに輝いたコウテイ。

Q.優勝して今の気持ちは?

下田「マジ気持ちいい。ほんまに嬉しかったです。まず家族の顔がよぎって、次に兄弟たちがよぎって。はよ報告したいなと思いましたね」

九条「相方と300回以上は喧嘩して、『解散しようや』と何十回も何百回も話し合って。でもほかの人とコンビ組んでも舞台で一切ウケなくて、こいつとじゃないとダメというのがやっとこの場で証明できたのが嬉しいですね。時間はかかったんですけど、下田と組んで良かったなと。ほんとに賞が取れて良かったです」

Q.賞金100万円の使い道は?

下田「オールギャンブル!競馬、パチンコにぶち込みます」

九条「2年前にアゴの手術をしたんですが、アキナの山名さんとミキの亜生さんにお金を貸していただいたんです。その手術きっかけで仕事が増えていって。そのお金をすぐお返しして、あと僕はお母さん一人の片親でずっと迷惑かけてきたので、ちょっとでも振り込めたらなと思います(涙)・・・・・・・本当は庭にメリーゴーランドを…」。

Q.今後に向けて

九条「僕らは芸歴8年目。ずっと悔しい思いをしてましたが、笑い飯の西田さんや、とろサーモンの久保田さんとか、いろんな先輩方が『絶対面白いから』とおっしゃってくださったので、それだけを糧にがんばってこれました。だから先輩方に結果として返せたので、感謝は伝えたいですね。また、これからも毎日、劇場で夜中まで面白いことを書き続けていきたい」

下田「去年、エンペラーが優勝したときも、悔しかったし。みんなそうやと思うんで、賞を取って一安心とかいえないですね。そして、よっしゃ、また次走り出そうという気持ち」

九条「M-1に優勝する前から、ミルクボーイさんとか、霜降り明星さんが漫才劇場でネタをかけてかけてドンドン面白くなっていくのをずっと見てきたので、それぐらい努力しないといけない賞だと思ってます。だから、もっとこれからも2人が面白いと思うものだけで行きたいと思います」

下田「今年は全部捨てて、ABCお笑いグランプリだけに焦点を絞ってやってきたので、次はM-1やキングオブコントと1個の目標を立てて、まっすぐの道を走りきれたらいいなと思います」

決勝進出者12組決定!!

※50音順

MCMC
  • 山里亮太

  • 川添佳穂 (ABCテレビアナウンサー)

審査員審査員
  • ⼩沢⼀敬(スピードワゴン)

  • 柴⽥英嗣(アンタッチャブル)

  • 陣内智則

  • 兵動⼤樹(⽮野・兵動)

  • ⼭内健司(かまいたち)

  • ユースケ(ダイアン)

  • リンゴ(ハイヒール)

※50音順

ゲスト漫才ゲスト漫才
  • 第32回ABCお笑い新人グランプリ決勝進出
    M-1グランプリ2019王者
    ミルクボーイ

  • 第38回ABCお笑いグランプリ優勝
    M-1グランプリ2018王者
    霜降り明星

  • 第40回ABCお笑いグランプリ優勝エンペラー

『ABCお笑いグランプリとは・・・

お笑いの首都・大阪が誇る“若手お笑い芸人の登竜門”として、
今年で41回目を迎える歴史あるお笑いコンクール!

漫才・コント・ピン芸・歌ネタ・落語・・・何でもあり!
お笑い異種格闘技のルールで、芸歴10年以内のプロたちが熾烈なバトルを繰り広げます。
第41代チャンピオンの栄光を手にするのは、はたして誰なのか!?

  • 参加資格はオールジャンルのお笑い!

    漫才、コント、ピン芸、モノマネ、歌ネタなどすべてのお笑いジャンルを網羅したコンテスト。真のチャンピオンになるのは?

  • デビュー10年以内の若手お笑い芸人が大集合!

    今一番勢いのある若手お笑い芸人がジャンルの壁を越えてチャレンジします。

  • 日本全国のプロがしのぎを削る戦い!

    日本全国のお笑い芸人が参加。新しいグランプリ争いが予想されます。