過去の放送内容

2020/9/19(土)の放送内容

松本家のリビングで「松本家おもちゃ大賞2020」を緊急開催!新型コロナウイルスの影響でやむなく中止になった「日本おもちゃ大賞」!発表の場を失くしたおもちゃメーカーさんの中から28社・122個のおもちゃがエントリーしてくれた!予選を勝ち抜いた5社が最終プレゼンに登場!忍者が紹介する“修行系おもちゃ”とは?さらに、松本お母ちゃんがカードゲームで冷汗をかくほど大慌て!カードに書かれていたまさかの罰ゲームとは…!?

今回は、松本家のリビングで「松本家おもちゃ大賞2020」を緊急開催する!

毎年夏に行われる「日本おもちゃ大賞」は日本一のおもちゃを決定する一大イベント。だが、新型コロナウイルスの影響で、この夏のイベントはやむなく中止となった。そこで、おもちゃでよく遊ぶ松本家が「松本家おもちゃ大賞2020」を緊急開催する!
全国のおもちゃメーカーさんの中から28社・122個のおもちゃがエントリーしてくれた今大会。“家族で盛り上がる”を審査基準に、スタッフによる予選を勝ち抜いた5社がおもちゃを持って最終プレゼンに登場する。

前編では“新感覚パニックゲーム”や“最新リカちゃん”を紹介したが、今回は残り3社がプレゼンする後編をお届けする。

エントリーNo.3は、創業90年の歴史を誇る浅草生まれの老舗メーカーで、三輪車やトランポリンなど体を動かすおもちゃが主力の会社。なんと、こちらの会社からは忍者がプレゼンに現れた!微妙な空気が流れるなか、「修行系おもちゃ」と紹介する忍者。自宅で手軽にできるエクササイズおもちゃで、ハリウッドスターのブラッド・ピットが来日の際に2個も買って帰ったらしい。忍者にお手本を見せてもらい、さだこやお父ちゃんがチャレンジするが…!

エントリーNo.4は、日本が世界に誇るPCメーカーが登場!紹介するのは、AI搭載の“超癒し系ハイテクぬいぐるみ”だ。開発担当者によれば、人間が話しかけると言葉を理解し、口調や声のトーンを考えて優しく返事をしてくれるという。松本お母ちゃんやお父ちゃんが微妙な問いかけをしてみると…!?

エントリーNo.5は、通称“おもちゃ界の異端児”と呼ばれる、個性的なおもちゃばかりを開発する会社。担当者が紹介するのは遊び心の詰まったカードゲームだ。「古今東西」というおなじみのゲームの“お題”がカードに書かれており、ミスした人用の罰ゲームカードも備わっている。早速、一家で遊んでみると、松本お母ちゃんがアウトに!すると、罰ゲームカードに松本お母ちゃんが冷汗ダラダラ大慌て!カードに書かれていたまさかの罰ゲームとは…!?

詳細を見る

2020/9/12(土)の放送内容

松本家のリビングで「松本家おもちゃ大賞2020」を緊急開催!新型コロナウイルスの影響で毎年恒例の「日本おもちゃ大賞」が残念ながら中止に…。発表の場を失くしたおもちゃメーカーさんの中から28社、122個のおもちゃが今大会にエントリーしてくれた!予選を勝ち抜いた5社が最終プレゼンに登場!新感覚のパニックゲームでは松本お母ちゃんが驚きのあまり腰を抜かしちゃった!?

今回は、松本家のリビングで「松本家おもちゃ大賞2020」を緊急開催する!

毎年夏に行われる「日本おもちゃ大賞」は日本一のおもちゃを決定する一大イベント。実は、松本家も大賞を受賞したおもちゃ「大車輪てつぼうくん」で遊んだことがある。だが、先頃の新型コロナウイルスの影響で、この夏のイベントは残念ながら中止に…。けんじによれば、「発表する場を失ったおもちゃメーカーさんは頭を抱えている」という。そこで、おもちゃメーカーさんのため、「松本家おもちゃ大賞2020」を緊急開催することに!

全国のおもちゃメーカーさんの中から28社に声をかけたところ、28社、122個のおもちゃがエントリーしてくれた!“家族で盛り上がる”をテーマに審査し、スタッフによる予選を勝ち抜いた5社が自慢のおもちゃを持って最終プレゼンに登場する。

エントリーNo.1のおもちゃ会社は、1945年にアメリカで創業したおもちゃの世界的トップメーカーで、「バービー人形」や「UNO」を販売している超大手。担当者が持ってきた新作は、「予測できないドキドキの展開が楽しめ、集中力や忍耐力も試される」という“新感覚パニックゲーム”。まずは、なにも知らされず、言われるままに松本お母ちゃんが挑戦。すると、松本お母ちゃんが驚きのあまり腰を抜かす!?担当者にコツを教えてもらい、家族も挑戦するが、予測不能の展開に…!?

エントリーNo.2のおもちゃ会社は、2006年にタカラとトミーが合体した日本を代表するおもちゃメーカーで、「トミカ」から「リカちゃん」までを販売する大手企業。担当者が紹介するのは、“今年で誕生53年を迎えた永遠の11歳”リカちゃんの最新作だ!リカちゃんといえば、リカちゃんハウスの“億ション”版や、“コギャル風ファッション”など、常に時代の流行を取り入れてきた。そんなリカちゃんの最新作も流行に敏感すぎる!?松本家も「早いなー!」と感心する、まさに時代の最先端を行く最新作とは…!?

詳細を見る

2020/9/5(土)の放送内容

「高級ブランドうなぎを格安で食べよう!」と、松本家がうなぎ釣り専門店でうなぎ釣りに挑戦!鰻屋さんで食べれば4000円ほどの高級うなぎが、一発で釣り上げれば、わずか1400円で楽しめる!釣られまいと必死なうなぎと松本家が真剣勝負!?さらに、国宝級のレトロゲームが揃う博物館のようなゲームセンターへ!松本お母ちゃんがかつてドハマりしたシューティングゲーム界不朽の名作とは!?

今回は、「高級ブランドうなぎを格安で食べよう!」と、松本家がうなぎ釣り専門店でうなぎ釣りに挑戦する。けんじから「鰻屋さんで食べれば4000円ほどの高級うなぎが、わずか1400円で楽しめる」と聞き、松本家は日本橋にあるうなぎ釣り専門店へ。お店では三重県産のブランドうなぎ「木曽三川うなぎ」を扱っており、釣り上げると、その場でさばいて蒲焼きにしてくれるというのだ。竿代が1100円で、蒲焼き代が300円。一発で釣り上げることができれば、1400円で高級うなぎが食べられる!しかし、最初に挑んださだこ、続くけんじも失敗し、早くも2200円が飛んでいった…。

いよいよ、お父ちゃんが挑戦。目星をつけて攻めるが、思いのほか賢いうなぎに巧みに逃げられてしまう。満を持して松本お母ちゃんが臨み、まさにうなぎと真剣勝負!その後も松本家が高級うなぎと死闘を繰り広げる!いったい松本家4人は何匹うなぎを吊り上げることができたのか!?

うなぎ釣りのお店のある日本橋にはには、ディープスポットが何か所かあり、その中から、国宝級のレトロゲームが揃う博物館のようなゲームセンターへ行くことにした松本家。マニアの間では「激レアゲームの博物館」とも呼ばれる新世界のゲームセンターで、レトロなゲーム機の数々をコレクションしている。懐かしのゲームを見つけた松本お母ちゃんは思わず熱中して絶叫!マニアたちに評判の国宝級のゲーム機は1985年に登場した戦闘機ゲームで、日本で遊べるのはここだけだとか。35年前とは思えないほど本格仕様のゲーム機を体験した松本お母ちゃんは…!?さらに、松本お母ちゃんがかつてドハマりしたシューティングゲームの名作も楽しみ、ヒートアップする!

うなぎ釣り専門店に戻り、店主が焼いてくれたうなぎを味わう松本家。1400円では食べられなかった高級うなぎのお値段は…!?4人はお腹いっぱいうなぎを食べられたのか?

詳細を見る